11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

memo*
:::from Raspberry:::

スポンサーサイト  (-) - -

一定期間更新がないため広告を表示しています

愛方  (mobile*) comments(0) -


いつだってそうだ。
出逢う前から、繋がりを感じていた。
目には見えない“何か”が
手繰り寄せた、確かな糸。





この3時間半。
あたしは奇蹟に出逢った。
KinKi Kidsという奇蹟。

夏と変わらない“愛のかたまり”から始まった夢のような時間。
だけど、それは夢なんかじゃなかった。
ふたりは確かに、そこにいた。


声が届く距離
愛が伝わる空間





初めて聴いたあの日から
この曲を聴くとどうしても涙がでる。



“何気ない今日と云う日が ボクラの記念日”



ふと見上げたら、
天井に映し出された【KinKi Kids】の文字。

涙があふれた。


ふたりと過ごせた今日という日は、
わたしの、大切な記念日。







【感無量】


今日のライブは楽しかったって、こーちゃんが言ってくれた。
ボーリングのスコアがどんなに悪くても、ガーターばかりでも(笑)
例え30手前で壊れてしまったとしても、
つないだ指がとても悲しくても、
あたしはそんなこーちゃんが好きです。



【ほんのり面白い】

ライブでよく止まらなくなるこーちゃんを
あたたかく見守るあなたが好きです。
フリも歌詞も間違えちゃったあの曲。
今度は、ハイウエストなパンツで踊ってね。
負けたらあかんでな(笑)

あなたの愛は、大きすぎても不安になんかならないよ。
だって、ずっと信じてる。
剛の言葉に嘘はない。
その声に、奏でるギターの音に、
ついていこうと思えるのは、
あたたかくて真っ直ぐな、想いが伝わってくるから。






11年間、ふたりについてきて、本当によかった。

そう、心から思えるライブでした。



KiNKi and you!!
これからも、ついていくよ。






ずっと、ずっとね。






ありがとう**




HI390002-0001-0001.jpg




スポンサーサイト  (-) - -
<< NEW | OLD >>
Comment